2018年4月24日火曜日

(社会教育関連施設調査)「横浜市民ギャラリー あざみ野」

横浜市民ギャラリー あざみ野

アートでつなぐ横浜らしいまちづくり
横浜市民ギャラリーあざみ野は、美術というジャンルを超えた表現の新たな動向を紹介し、創造性溢れる表現活動を幅広く育み、人と人とが交流する市民と創造活動の「出会いの場」をつくることを目的としています。
展示室やアトリエを管理運営し市民利用の場として提供するほか、年に3回の企画展や、多彩なアトリエ講座、コンサートなどを企画実施しています。
ホームページより)

横浜市民ギャラリーあざみ野は、平成16年より(公財)横浜市芸術文化振興財団が、横浜市より指定管理を受け管理中。アートフォーラムあざみ野内にあり、男女共同参画センター横浜北と同居した施設。同財団は、この他に次の指定管理を受託している。
(横浜美術館、横浜みなとみらいホール、横浜能楽堂、横浜にぎわい座、横浜赤レンガ倉庫1号館、アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)、横浜市市民文化会館 関内ホール、大佛次郎記念館、横浜市民ギャラリー、横浜市民ギャラリーあざみ野、横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場、横浜市吉野町市民プラザ、横浜市岩間市民プラザ)

(↓フロアマップ オレンジが男女共同参画センター所管、グリーンがアートフォーラムあざみ野所管)

1F、2F アートユニオン青葉 合同写真展開催中
3F 生活工房
1F 交流ラウンジ