2018年9月24日月曜日

環境再生型農業とオーガニック3.0のセミナーレポート 〜 インデクス

政務活動『持続可能な環境・農業政策に資する、環境再生型農業とオーガニック3.0の研究』

総合健康都市妙高妙高環境会議を設ける当市の施策のさらなる振興に寄与し、主力産業である農業の販路拡大と持続可能な農政に提言を行いたいため、セミナーに参加し、環境政策および農業政策における国内の最新の動向を研究した。

  • 名称:第3回 Organic Forum JAPAN~オーガニックライフスタイルEXPO
  • テーマ:オーガニック3.0を推進する~持続可能な開発目標SDGsの実現に向けて
  • 会期:2018年9月22日(土)、23日(日)時間10:00~17:00(入場料 1,000円(税込)/ 業界関係者・一般 ※ 招待状持参 / 事前登録無料)
  • 会場:東京国際フォーラム 展示全ホールE・ガラス棟会議室


1.オーガニック3.0を推進する〜持続可能な開発目標SDGsの実現に向けて 9月22日(土)10:30~12:00

  • 株式会社イースクエア 共同創業者 Peter David Pedersen(日本にロハスを持ち込む。SDGsの一人者)、IFOAM Organics ASIA 理事 三好智子 (アジアでオーガニックを広げる活動)、徳江会長(一社オーガニックフォーラムジャパン) 

2.環境再生型農業・有機JASの先にあるもの Regenerative Organic Certifiedの取組  9月22日(土)12:30~14:30

  • Dr. Bonner’s President Michael Bronner、パタゴニア日本支社支店長 辻井隆行、一社 オーガニックフォーラムジャパン会長 徳江倫明

3.これから始まるオーガニックレストラン認証制度の重要性 9月22日(土)15:00~16:30

  • 株 ビオロジコ代表取締役長 中村雅彦、株 クレヨンハウス 取締役副社長 岩間建亜、農水省 食料産業局製造課 基準認証室 渡部英悦、水野葉子 株リーファース代表取締役